有資格者と無資格者の大きな違い

日本社会の高齢化は今後も進むことが予想されており、介護業界に対する注目は増々高まっていきます。最近は介護が必要な高齢者一人一人に対してきめ細やかなサービスの提供が行われるようになってきており、高齢者とその家族にとっては欠かせない存在になっています。介護業界への需要が高まっていることに伴い、介護業界への就職・転職を希望する人も増えています。しかし初めて介護業界で仕事をする人にとっては、介護の仕事をするには必ず介護資格が必要なのか、未経験でも介護の現場で働くことができるのか、などの点が気になるのではないでしょうか。まず、介護の仕事を始めるにあたり、介護資格を取得しているということは大きな利点になります。なぜなら、介護の現場で最も必要とされる身体介護サービスの提供は、基本的な介護資格である介護職員初任者研修資格を取得している必要があるからです。しかし、介護の仕事の中には無資格でもできるものもあります。介護施設の清掃や利用者の部屋の整理など、介護施設の運営を円滑に進めるための雑務全般がそれにあたります。

介護業界におけるキャリアアップ

介護業界での仕事を一生の仕事にしようと考えている場合、この仕事における将来性が気になってきます。まず、介護業界でキャリアを積み上げるためには、介護資格の取得が必要になってきます。介護の仕事の中には無資格でもできる仕事もありますが、無資格でできる仕事をしているだけでは介護業界でのキャリアアップには繋がりません。まずは基本的な介護資格である介護職員初任者研修資格を取得し、さらに実務者研修資格、介護福祉士など上位資格の取得を目指すことで、訪問介護事業所の独立開業も可能となります。

介護の求人は、専門の求人サイトで探すのがオススメです。転職の場合でも良い求人を探すことでき、今までの経験も活かせます。