CADってそもそもなに?

CADは「キャド」と読みます。

文章を作るソフトにワード、表を作るソフトにエクセルなどがあるように、パソコンで設計図などを書くシステムやソフトのことをCADと言います。

つまりCADオペレーターとは、設計者の設計した設計図のデータを取り扱う仕事だと言えます。

またCADのスキルを持っていて尚且つ設計の知識があれば、自分で高層ビルや飛行機などを設計することが可能です。

未経験でもCADオペレーターになれるか

CADさえ使用することが出来れば、未経験でもオペレーターになることは出来ます。

きちんと知識をもっていて、尚且つCADオペレーターを募集している企業があれば、就職することは可能でしょう。

しかし、生半可な知識では入社してからが大変でしょう。

CADには資格があり、その資格を取得して就職活動すれば、確実な能力があるものとして認められ、未経験でも採用される確率は高まるでしょう。

CADオペレーターの需要

今や、ほとんどの情報がデータ化されている時代です。

設計図などの精密さを要する情報も例外ではありません。

設計図を手軽に複製し、修正前後のデータを残しておけるCADのシステムは、現代の設計においてなくてはならない技術となっているはずです。

従って、CADオペレーターの需要は高まっていると言っていいでしょう。

震災以降、復興事業などによりCADオペレーターが以前より必要とされているのは事実です。

資格を取り、CADの仕事の経験を持つことは、仕事の幅を広げることにもつながるはずです。

建築や機械設計など、あらゆる場で使用している図面作成ソフトCAD。CADオペレーターは、設計者の図面をデータ化したり、出力したり、多岐にわたる仕事があります。設計者の右腕とも言えるでしょう。