仕事で英語を使うって、いまでは普通のことですが。

毎日英語でメールを書いていて思うのは、海外とのやりとりで必要なコミュニケーション手段であるにもかかわらず相手の顔がみえないことが不思議です。

メールでは相手の顔がみえない。

相手の顔を見ずに英文を書くという作業ははじめは非常に不安を感じます。だからこそ、文法なりもっと英語を勉強しようという意欲がわくわけです。

英文メールの失敗もあり。

企業間での英文メールのやりとりでも案外文法的におかしいという内容のメールはあります。大切なのは相手の顔を思い浮かべて意志や目的を伝達しようと思うこと。

英文メールは数で勝負。

特にアメリカ人やイギリス人といったネイティブの方とメールでやりとりするときはチャンスと考えてください。相手は日本人と分かっているので文法がおかしいなと思っても、少なくとも企業間ではコミュニケーションを優先するから大丈夫です。まずは英文メールを作成してできればネイティブチェックを受けて自分の英文を相手に読んでもらうことが大切といえます。仕事でメールiを海外向けに出せる機会がある方はチャンスと考えてください。まわりにいるキャリアがある人に質問してください。英文を書くためには読む事も大切です。

さりげなく用法を正してくれる人もいる。

メールのタイトルなどでは相手がさりげなく文法や用法を正してくれることもあります。英語での仕事のキャリアアップを行うためには日本企業でも、できるかぎり外国との交流がある職場を選びましょう。そして海外の人たちとの交流の第一歩を踏み出す勇気をだしてツールとしての英語をまなぶことをお薦めします。

英語の転職の利点を理解するうえで、大手の外資系などのグローバル企業のスタッフの働き方をチェックすることが良いといえます。