有資格と無資格でできる仕事は違う

介護の仕事と一言で言ってもその仕事内容は様々です。介護の仕事に就くのが初めてという方は、自分がどのような仕事をしたいのかという事をあらかじめ決めておく必要があります。まず、介護の仕事の中には有資格者しかできない仕事と、無資格でもできる仕事があります。この二つの大きな違いは、有資格者は利用者の体に触れる直接的な介護ができ、無資格者は利用者の体には触れない間接的な介護しかできません。具体的には、有資格者は入浴・排泄介護や移乗・移動介助、食事サポートなどの身体介護サービスの提供が可能です。これらの介護サービスを提供するにはスクールで専門的な知識や技術を学ぶ必要があり、無資格の状態では従事することはできません。一方、無資格でもできる仕事は、利用者の代わりに買い物に行ったり個室の掃除、ベッドメイキングなど、間接的な介護サービスの提供になります。また介護施設の清掃や雑務なども介護の現場で無資格でもできる仕事になります。

キャリアアップのために資格の取得を

介護業界の中には無資格でもできるものもありますが、介護業界でキャリアアップを目指すのであれば無資格の仕事をいくら続けていても意味がありません。キャリアアップのためには介護職員初任者研修などの基本的な介護資格の取得を目指すところから始め、少しずつ資格のレベルを上げていく必要があります。最近では資格取得費用を負担してくれたりシフトの融通を利かせてくれる介護施設もあり、勤務先の支援制度を上手に利用することで、少ない負担で効率よく資格取得を目指すことも可能になってきています。

介護の求人を東京で探す人は少なくありませんが、勤務条件の良しあしだけでなく、就職後の研修制度に注目をすることが良いでしょう。