保育の現場は人員不足?!

過去に保育士資格を取得したけど保育の現場で働いていない人や、子育ての合間に少しずつ勉強して保育士資格を取得した人など、保育士資格保有者で保育の現場で働いていない人はたくさんいます。このような人たちのことを潜在保育士と言い、保育業界では潜在保育士の採用に注目が集まっています。保育業界ではまだまだ待機児童問題が解決されておらず、問題解決に向けて多くの保育園では安定した保育士の確保を目指しています。求人募集は常に掲載されており、潜在保育士にとっては就職しやすい環境になっていると言えます。

潜在保育士が就職に踏み切れない理由

保育業界では潜在保育士の売り手市場になっているにも関わらず、実際に就業に向けて行動をする人はまだまだ少ない状態です。その大きな原因の一つが、子育てや家事など家庭の用事と仕事との両立が上手くいくだろうかという不安があるからと言われています。実際、保育士の退職原因の一つに就業時間が長時間であることも問題になっており、特に子育て中の潜在保育士にとっては就業に踏み出せない理由となっています。

保育の現場にも様々な雇用形態があります

このような長時間労働問題を解決するため、保育園では様々な雇用形態が取り入れられ始めています。正社員希望だけどフルタイム勤務が難しい人のための正社員時短制度や、週に何日か短時間勤務をするパートタイムとしての採用もされています。各保育園ではこのように潜在保育士が就業しやすい環境づくりをすることで、保育士の安定確保を実現化させようとしているのです。

シングルマザーの仕事は、給料が大事になります。パートをするなら、いずれ正社員に登録出来る所を選ぶと良いでしょう。